当事務所について

Q. 駐車場はありますか?

申し訳ありませんが、当事務所専属の駐車場はありません。
当事務所の周辺にはコインパーキングが多数ございますので、そちらをご利用ください。(費用は各自でご負担ください。)

Q. 事務所に子供を連れて行ってもいいですか?

全く問題ありません。遠慮無くお子様連れでお越し下さい。
但し、相談中は、お子様にも同席していただくことになります。夫婦関係の問題など、お子様に聞かせたくない相談の場合には、お連れにならないことをおすすめします。

Q. 知られたくないことがあるのですが、秘密は守ってもらえますか?

弁護士には守秘義務があります。
依頼者の秘密を口外するようなことは決してありませんので、ご安心ください。

法律相談について(受任前)

Q. メールや電話での相談は可能ですか?

当事務所では、お電話やメールのみで回答することは致しかねます。
あらかじめご了承ください。

相談の予約は必要ですか?

相談にはすべて予約が必要となります。
お電話またはご相談申込フォームからご希望の日時をお知らせください。

Q. 相談の際に紹介は必要ですか?

いいえ。
当事務所では、紹介がなくてもご相談を受け付けております。

Q. 平日は仕事があるため、事務所に行けません。土日祝日や夜間でも相談をすることはできますか?

はい。土日祝日、夜間でもご相談をお受けします。
ただし、初回でも30分あたり4,000円(税込)の相談料が発生します。また、スケジュールの都合上、対応しかねる場合がありますので、あらかじめご相談ください。

Q. 相談しただけで費用がかかりますか?

相談料は、30分あたり4,000円(税込)です。
ただし、初回相談は30分に限り相談料を無料とさせていただいております(平日9時から18時の間で、なおかつアンケートにご協力いただいた場合に限ります)。
30分を超過した場合や、初回でも夜間(18時以降)・土日・祝日の相談の場合は、30分あたり4,000円(税込)の相談料が発生します。
なお、相談後、事件を受任した場合には、相談料はいただきません。

Q. 初回相談の際に持参したほうがいいものはありますか?

事件に関係がありそうな書類その他の資料がお手元にありましたら、できる限りご持参ください。詳しくは、法律相談の予約の際に、弁護士が説明させていただきます。
また、当事務所へのご依頼を検討されている場合には、印鑑(シャチハタ以外であれば、認め印で結構です。)をご持参ください。委任契約の際、契約書や委任状等に受任した場合には委任状等の捺印をいただきます。

Q. 同伴者に付き添ってもらってもいいですか?

はい。一緒に来ていただいて結構です。
ただし、お席の都合がありますので、予約時にあらかじめ人数をお知らせください。

Q. 自宅に来てもらいたいのですが、可能ですか?

はい、出張相談も承ります。
ただし、通常の相談料と料金形態が異なりますのであらかじめご了承ください。
詳細は「法律相談」ページをご覧ください。

Q. 刑事事件に関して、弁護士に依頼しようか迷っています。とりあえず留置場に接見に行ってもらいたいのですが、可能ですか?

はい、そのようなご依頼にも対応いたします。
ただし、移動時間1時間以内の場合、接見1回につき、3万円(税別)と交通費をいただきます。移動時間1時間を超える場合には、移動時間に応じて、別途ご相談の上、接見費用を頂戴します。

受任について

Q. 受任していただくと、どのようなことをしてもらえるのでしょうか?

個々の事案によって異なります。
受任の範囲は、依頼者と相談して決定し、委任契約書に記載します。
大まかなことは業務内容を参照してください。

Q. どんな事案でも必ず受任してもらえますか?

いいえ。
ご相談内容によっては、利益相反、弁護士の専門外その他の理由により、受任できない場合があります。あらかじめご了承ください。

Q. 遠隔地に行ってもらいたいのですが、可能ですか?

はい。ただし、埼玉県と東京都以外の裁判所に出頭する場合には出頭手当をいただきます。また、場所によっては、交通費・宿泊費等をいただく場合もあります。

Q. 女性弁護士に担当してもらいたいのですが、可能ですか?

当事務所には2名の女性弁護士が在籍しておりますので、女性弁護士による対応は可能です。
ただし、事案の性質等の事情により、ご希望に沿えない場合もあります。

費用について

Q. 弁護士に依頼した場合、どのような費用がかかりますか?

お支払いいただく費用(弁護士費用)としては、概ね以下の3つがあります。

①着手金
弁護士に仕事を依頼した段階で、お支払いいただくものです。 交通事故や残業代請求など事案によっては不要な場合もあります。
②報酬金
事件が成功に終わった場合、事件終了の段階で、成功の度合いに応じて、お支払いいただくものです。まったく不成功(裁判でいえば全面敗訴)の場合は支払う必要はありません。
③実費
依頼案件処理のため実際に出費されるもので、裁判を起こす場合の印紙代や予納郵券(切手)代等です。また、出張を要する場合の交通費や宿泊費も含まれます。

弁護士費用の具体的な金額については、ご相談時にご説明いたします。ご希望の方には、弁護士費用のお見積もりを作成します。

Q. 自分が了解する前に費用が発生したり請求されることはありますか?

まったく説明もなく弁護士費用を請求することはありません。
当事務所では、事前に弁護士費用の概算について説明をし、ご納得いただいた上でお支払いいただきます。ご希望の場合には、見積書も作成いたします。

Q. 法テラスは使えますか?

はい。
ただし、法テラスを利用するには、一定の資力要件を満たす必要があります。

Q. 分割払いは出来ますか?

弁護士費用は、一括でお支払いいただくのが原則です。
ただし、一括でお支払いいただくことが難しい場合には、ご相談の上、分割払いも応じています。分割払いをご希望の場合は、ご相談の際にお申し出ください。

Q. 受任後、請求書や精算書をもらうことはできますか?

はい。必ずお渡しいたします。

Q. 領収書をもらうことはできますか?

原則として、領収書は発行しません。ただし、ご希望があれば、発行いたします。

受任後の対応について

Q. いきなり裁判をすることになるのでしょうか?

常に裁判をするとは限りません。相手方の交渉や調停等の裁判以外の手続きで解決することもあります。
当事務所では、裁判をすることに限らず、事件ごとに、適切な解決方法を選択し処理をしていきます。

Q. 報告はしてもらえますか?

はい。定期的にご報告させていただきます。
また、ご連絡をいただければ、事件の進捗状況について、ご報告させていただきます。

Q. 予約をせずに、いきなり事務所に行ってもいいでしょうか?

ご予約がないまま事務所に来ていただいても、担当の弁護士が対応できないこともあります。
担当弁護士に連絡し、ご予約をしていただいた上で、お越しください。

Q. 裁判所には、自分も同席する必要がありますか?

原則として、同席する必要はありません。
ただし、調停等、同席が必要となる場合があります。この場合、弁護士から事前にご連絡いたします。

Q. 自分の訴訟を見るために、裁判所に行ってもいいでしょうか?

はい。是非、お越し下さい。もちろん、弁護士も同席します。

Q. 緊急に対応してもらいたいのですが、可能でしょうか?

夜間や休日でも、弁護士の携帯電話にご連絡をいただければ、対応いたします。
弁護士の携帯電話番号は、受任時にお知らせいたします。

終了後の対応について

Q. 渡した書類等は返してもらえますか?

はい。全ての手続きが終了した後に、お返しいたします。

Q. 費用の精算はどのようにするのでしょうか?

事件終了後、事件の処理にかかった費用を精算させていただきます。

まずは弁護士事務所へお気軽にご相談ください!

  • さいたま大宮 048-662-8066 対応時間.9:00~21:00
  • 上野御徒町 03-5826-8911 対応時間.9:00~21:00

法律相談は、すべて当事務所にお越しいただいた上で実施いたします。
電話での法律相談やメールでの法律相談はいたしかねますので、あらかじめご了承ください。
また、初回の法律相談のお申し込みは、すべて、お電話またはご相談申込フォームからお願いいたします。

ページ先頭へ